河口でじゃれ合う二歳児のコグマ

赤い夕陽の中、知床半島の海岸を海岸を歩くヒグマ

木漏れ日の中で至福の時間、ゆっくりとした平和な時の流れを感じます。


“shiretokobrownbear.com/"

TOP PAGEへ


夏
SUMMRE


BROWN BEAR (ヒグマ)
夏の暑い日にはヒグマは体力を保つためために木陰や風通しのよい場所などでよく昼寝をします。
また、海岸や川で水浴をしている姿を見かけます、大きな木の木陰や
冷たい岩の上などは昼寝には絶好の 場所のようです。

PHOTO ASSOCIATES