来年の春、無事に厳しい冬を越し、再びこの場所で元気な姿を見せてほしいと願っています。





知床半島では10月に雪が降ることも珍しくありません。小さくて体力のないヒグマは冬眠用の巣穴を確保できず冬眠をしないものも確認されています。


冬眠用の巣穴へと続く足跡

食べ物もすっくかり少なくなくなってきました。

TOP PAGEへ

"shiretokobrownbear.com/"
EARLY WINTER
初冬
好評発売中!
すくすく “ヒグマ”
お求めは全国の書店    または、インターネットで
BROWN BEAR (ヒグマ)

PHOTO ASSOCIATES